×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレス 老ける

頑張れば頑張るだけ、老ける原因を作っていたなんて・・・

頑張りすぎ

 

女性らしさをサポートしてくれる女性ホルモンが、かえって女性らしさを損ねていたの?

 

 

新陳代謝やコラーゲン、そして女性の美しさを醸し出す、あらゆる女性の若さの源、それはエストロゲンという女性ホルモンに多くをゆだねているのですが、あなたの頑張りすぎが、そんなエストロゲンを孤立させてしまう原因に・・・

 

こんな生活習慣が女性ホルモンに悪影響を与えます!

女性ホルモンに悪影響

 

ストレス

 

睡眠不足・昼夜逆転

 

無理なダイエットに没頭

 

栄養バランスの乱れた食習慣

 

 

女性ホルモンが嫌うこれらの原因、心当たりはありませんか?

 

 

今ならまだ間に合う、女性ホルモンのホルモンバランスをケア!

 

 

女性ホルモンがこれらのことが原因となって、悪影響を受けているままでは、いくら優秀な化粧品でアンチエイジングを実践したところで、若々しい肌をキープするのは難しいといえるでしょう。

 

 

老けを遅れさせ、若々しい肌を目指すなら、女性ホルモンのホルモンバランスのケアが最優先!

 

 

そこで、女性ホルモンのホルモンバランスのケアをサポートしてくれる、ホルモンバランスの乱れに働きかけてくれる化粧品をご提案!  

 

↓↓↓コチラ↓↓↓

 

 

一度お試しになってみませんか?

ストレスで女性が老けるのには、これだけの理由があるんです!

最近めっきり老けてきた…

 

ストレスを多く抱えていらっしゃる方は、鏡に映る自分の顔を見ると、どうしてもそう思ってしまいがちです。

 

でもそれって、気のせいでもなんでもなく、ちゃんとした根拠があるんです。

 

ストレスは女性の肌を老けさせます。それと同時に、女性にとって大切なものまで失わせてしまいます。

 

女性の美しさを作りだしている貴重なホルモンがなくなってしまう!

 

皆さんはエストロゲンという女性ホルモンをご存じでしょうか?

 

 

エストロゲンは 「美肌ホルモン」 と呼ばれることもある、女性にとってはとっても大切なホルモンなんです。

 

 

エストロゲンは、生理の終わり頃から、排卵前にかけて分泌が多くなってきて、エストロゲンの分泌が多い時期は、「卵胞期」 と呼ばれます。

 

 

この、「卵胞期」 という言葉を聞くと、聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんね。エストロゲンは別名 「卵胞ホルモン」 とも呼ばれています。

 

 

そしてこのエストロゲンの数ある働きの中で、「美肌」 に直結する働きはというと、

 

  • 女性の美しさを醸し出す
  •  

  • 新陳代謝を向上させ、女性の若々しさを維持する
  •  

  • コラーゲンを保ち、皮膚のハリや弾力、潤いをキープする
  •  

  • 胸のラインなど、女性らしいカラダの形成

 

などがあります。

 

 

つまり、これらの大切な働きをしてくれているエストロゲンなんですが、私たちのカラダの中で、ひとたびこのエストロゲンの分泌バランスが崩れてしまうと、これらのエストロゲンの働きも低下してしまい、さまざまな肌トラブルを誘発してしまい、顕著なトラブルに至らなかったとしても、なんとなくその肌には 「老け」 を感じてしまうようになるのです。

 

 

 

そして、こんなに重要なエストロゲンの分泌バランスを乱してしまう要因の一つとして考えられているのがストレスなのです。

 

 

もちろん年齢を重ねることによっても、エストロゲンの分泌量は減少してゆきますが (通常は30代後半から徐々に減少しはじめます) 、それだからこそ、ストレスなどによって、その分泌のバランスが乱されることは、できれば避けたいところです。

 

 

ストレスはなぜエストロゲンの分泌バランスを崩すのか?

 

私たちの頭、すなわち脳の中には、視床下部という種々のホルモンの分泌をコントロールする司令塔的役割を担った場所があります。

 

 

視床下部は他にも、「自律神経系」や「免疫系」の機能もコントロールしているのですが、精神的なストレスなどの影響を受ける と、視床下部の機能や自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌を乱してしまうことがあるのです。

 

 

よく、ストレスでニキビができる方がいらっしゃいますが、これなどはストレスが引き起こす肌トラブルの代表的な例だと言えます。

 

 

ストレスの他に、女性ホルモンの分泌を乱してしまう生活習慣には、次のようなものがあります。

 

  • 睡眠不足、昼夜逆転
  •  

  • 偏食による栄養バランスの乱れ
  •  

  • 運動不足
  •  

  • 無理なダイエット

 

しかし、これらのことは、意識的な生活習慣の改善でクリアできる種類のものですが、ストレスだけはそう簡単には解消したり、発散させることは難しいかもしれませんね。

 

 

 

そこで、カラダの外から女性ホルモンの分泌バランスに働きかけてくれる基礎化粧品や、飲むことで女性のカラダのバランスを整えてくれるサプリメントが昨今人気になっています。

 


 

 

 

次に、女性ホルモンの分泌バランス以外で、ストレスが 「老け」 に結び付くメカニズムとして気を付けなければなならいのが酸化です。

 

 

ストレスはカラダの細胞を酸化させます

 

人のカラダはストレスを感じることにより、コルチゾール という物質を体内に分泌させるということが分かってきています。

 

 

このコルチゾールは、人が興奮したときに出すアドレナリンのように、ストレスを感じたときに分泌され、血糖値や血圧を上げて、必要なエネルギーを作り出してストレスに対抗します。

 

 

けれどこのコルチゾールは活性酸素の発生も同時に促してしまうため、ストレスが溜まってコルチゾールが大量に分泌されるということは、それだけ活性酸素も体内に放出され続けることになります。

 

 

鉄が酸素と結びつくことによって酸化され、赤茶色に錆びてしまって、その後ボロボロになっていくのと同じで、私たちのカラダの中の細胞も、活性酸素の度重なる攻撃を受けてしまうと、酸化してボロボロになり、正常な役目を果たせない状態になってしまいます。

 

 

皮膚は酸化してしまうと、その中の細胞はダメージを受け、真皮のコラーゲンなどを硬くして、ハリや弾力を失わせ、老化を進めていってしまいます。

 

 

これがストレスで 「老け」 を感じる第二のメカニズムです。

 

 

カラダの細胞を酸化させてしまう恐ろしい活性酸素ですが、活性酸素がストレス以外で発生する要因は他にもあります。

 

  • 喫煙…大量の活性酸素を発生させるだけではなく、活性酸素に対抗してくれるビタミンCも破壊します。
  •  

  • 紫外線…お肌の大敵紫外線。紫外線は活性酸素を発生させてコラーゲンを破壊し、メラニン色素を発生させてシミの原因を作ります。

 

これらはほんの一例で、他にも大量飲酒や食品添加物など、活性酸素を発生させる要因となるものはたくさんあります。

 

 

活性酸素に対抗するには、やはりビタミンの摂取が不可欠になります。

 

 

巷で売られているエイジングケア化粧品やエイジングケアサプリメントに多くのビタミン類が配合されているのはこのためです。

 

 

活性酸素に対抗する抗酸化作用の働きがある栄養素には、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール、亜鉛などがあります。

 

 

これらの栄養素が多く含まれる食品には次のようなものがあります。

 

 

ビタミンE
  • アーモンド、落花生などの木の実、ナッツ類
  • かぼちゃ、モロヘイヤ、アボガド など
  • ウナギ、イクラ、タラコ など

 

ビタミンC
  • 柑橘類(レモン、ゆず、みかん など)
  • ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、ホウレンソウ じゃがいも など

 

ポリフェノール
  • 赤ワイン、ココア など
  • 豆腐、大豆、ゴマ など
  • バナナ、マンゴー、ブルーベリー など

 

亜鉛
  • レバー、牡蠣、うなぎ など

 

 

これらの食品をバランス良く積極的に摂取して、活性酸素によるカラダの錆つきを防いで行くことが、ストレスによる 「老け」 に対抗する有効な手段となります。

 

こちらの関連記事はいかがでしょう?

ストレスの他に、多くの女性が悩みに挙げる生理前のイライラなどの諸症状。

 

そんな生理前のイライラを優しくトータルにケアしてくれる一押しサプリを紹介しています。

 

生理前のイライラを解消? 薬に頼らない一押しサプリ!